歯列期の段階

18/ago/2019 09:11:22 toolsalejp Contatta l'autore

Questo comunicato è stato pubblicato più di 30 giorni fa. Le informazioni su questa pagina potrebbero non essere attendibili.

第二に、歯列期の段階(女の子8-10歳、男の子9-12歳) それは悪い習慣、舌の干渉および他の要因による機能的不正咬合および骨格不正咬合の患者に適しています。歯列の段階で、あなたの子供が悪い習慣(唇を噛む、舌を伸ばす、顎を伸ばすなど)、異常な顔の形、および歯根管治療機器の配置が悪いことに気付いた場合、矯正専門医に相談してもらう必要があります。 この段階は子供の成長と発達の思春期前およびピーク時であるため、子供が機能的または骨格の不正咬合である場合、この段階での治療は顎骨を促進または抑制することによって顎の成長能力を最大限に活用できます。治療目的のために成長することは、子供の顔と機能を改善するためにより有益です。 https://www.shikasale.com/category-163-b0-%E6%AD%AF%E9%9D%A2%E6%B8%85%E6%8E%83%E7%94%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9.html 第三に、永久歯の初期段階(11〜14歳の女の子、13〜16歳の男の子) 一般的な不正咬合は一般にこの段階でよく治療されます。現時点では、口腔内の永久歯の大部分が噴出し、歯列弓の発達が基本的に完了し、歯の不規則性が基本的に固定されており、そしてこの年齢の小児の顎顔面領域の発達は未だ急速な成長と発達の段階にある。歯の最適な動きと歯槽歯科ホワイトニング機器再建を達成するために、顎顔面領域の成長と開発の可能性を利用する必要があります。

blog comments powered by Disqus
Comunicati.net è un servizio offerto da Factotum Srl